知った人から生きやすい♡ニンゲンの本質研究日誌

現実に役立つ占星学と婚活から見えた真実を赤裸々に綴っています。

ヤバいお相手図鑑④

f:id:napichan:20190213131613j:plain

ヤバいお相手シリーズ④です!

私が婚活中に知り合った男性でインパクト大だったかたのエピソードを語っています。

 

 

 

ニックネーム

 

抱き付き男

 

 

特徴

 

・一見ごく普通のサラリーマン

・ファッションセンス良い

・飲み過ぎるとパーソナルスペースを気軽に越えてくる

 

 

きっかけ

 

もうニックネームからしてオチが見えてしまってますね 笑

 

もう4年くらい前になりますかね。

この男性と出会ったきっかけは、女友達との飲み会でした。

 

私の友達はすごく社交的で人懐こくて。

特にお酒が入ると陽気になっていつの間にか知らない人と話してるなんてこともあるくらい(^^;)

その日も、私が途中で電話をしていて、電話を終えて戻ったら

「napiちゃん、彼らが一緒に飲もうってー♪」と。

そこにはサラリーマン風の男性二人組がいて一緒に飲むことになったのでした。。

 

どんな会話をしたかは忘れちゃいましたが二人は長い付き合いで親友?みたいな印象でした。

二人とも清潔感があってもてそうなタイプに見えました。

抱き付き男じゃないほうの男性はかなり容姿が整ってましたね。

ちょっとホストっぽいというか目立つタイプのイケメン。

抱き付き男は、さわやかでピュアな感じでした。(←この文章だけ見るとおかしい 笑)

 

この日はお互いの年齢も知らないまま、友達がグループラインを作ってくれて4人が繋がり、「また飲みましょう!」という感じで解散しました。

 

 

 

エピソード

 

何回かLINEで世間話をした後、抱き付き男から飲みの誘いがきました。

特別な感情はありませんでしたがこれもなにかのご縁と思い会ってみることにしました。

 

 

一次会

 

お店は彼が予約をしてくれました。

雰囲気の良い、半個室のある創作料理のお店でした。

好き嫌いを聞いてくれたり、集合場所も私の住んでいる地域寄りにしてくれたりと気遣いもしてくれました。

 

最初に会った時はスーツ姿でしたが、今回は私服。

スーツもきれいに着こなしていましたが、カジュアルな私服もセンス良くまとまっていて似合っていました。

 

前回みんなでいた時よりも少し緊張しているようにも見えました。

お互いの過去の恋愛話をしたり、今興味のあることを話したりと2時間くらい過ごしそろそろお店を出ようと預けていたコートを店員さんにもってきてもらいました。

 

すると、コートを受け取った彼がまるで店員さんがしてくれるようにコートを着させてくれました・・・!

これにはちょっと恥ずかしさや申し訳ない感じもしてしまいましたがそんなふうに扱われることはなかったので嬉しさもありました。

 

・・・とここまでは好感度があがっていたんですー。

ところが。

 

 

二次会

 

早めの時間から飲みがスタートだったのでこのあとどうしようか?となりました。

飲んでいたお店のすぐ近くにカラオケがあったので1時間くらい行こうか?ってなりました。

 

二人なのに通されたのは10人くらいは入れる広い個室。

この時点では二人ともほろ酔いくらいでした。

カラオケでも一杯だけお酒を飲んでいました。

 

お互いが2,3曲歌って、私の番がきたので歌っていたら突然彼が耳元で

トイレ行ってきていい?

って言ったんです。

 

当然私は

あ、はい!どうぞ!」って。

 

そしたらいきなり

真横にぴったりとキターーーー!!

 

トイレ行ってきていい?

じゃなくて、

隣に行ってもいい?

だったらしい・・・・・。

聞き間違いだと後から気付くけどもう遅かったぁ。

 

うわー「はい、どうぞ!」とか言っちゃったよ、どうしよう!と思っていたらまるで女子のように肩にもたれかかってくる(><;)!!

なぜ急にあまえモード??

 

とりあえず「どうしたんですかー?飲み過ぎちゃいました?」とか言いながら距離を空ける。

それでもまた距離を詰めてくる!

 

私、歌うことがけっこう好きで、歌う時は真剣に歌いたいんですよ。

でもね、こんなんだから全く集中できない!

イライラも募る。。

もう座っているのを諦め、歌いながら席を立って広い空間を移動する私。

 

 

これでもう嫌がってるのわかってくれたよね?と思ったら一緒に席を立ってついてきて、抱きついてきた(><;)!!

 

もう無理!!

 

そこで我慢の限界を迎え、さっとコートを羽織って

「すみません。会ったばかりの人とそういうのはちょっと・・・」

と言って伝票を持って部屋を出ることに。

(後々トラブルになるのはイヤなので)

 

抱き付き男は慌てて、

「待って!俺も出るよ!」

と言って後ろからついてきました。

 

もはや会話は無く、お店の前で解散。

「ちょっと頭を冷やします・・」と言って駅と反対方向へ歩いていきました。

 

私は虚しさや怒りが混ざった感情で泣きそうになりながら走って帰宅。

 

 

f:id:napichan:20190213131547j:plain

 

まとめ

この出来事はちょうどバレンタインの時期だった事を覚えています。

以前の失恋をひきづりながらも一生懸命に自分を整えようと習い事を頑張っていた時期でした。

それなのになぜこうなっちゃうの~っていう想いがすごくありましたね(;_;)

 

占星術的にはこのようにお酒に飲まれてしまうタイプのかたっていうのはホロスコープで"海王星"という天体がなんらかの影響を与えているのでは?と考えます。

 

海王星イマジネーションとかファンタジーと関わりが深い天体で、良く出れば創造性や芸術といった分野でエネルギーが使われますが悪くでると現実と非現実の境界がなくなってしまってふわふわグラグラしてしまうんですね。

お酒とか薬物に依存してしまうタイプのかたというのはホロスコープを見ると海王星が厳しい位置にあったりします・・・。

 

さて、明日はバレンタインデーですね☆

ここ数年は会社に渡すチョコは購入品で済ませてしまっていましたが今年は作ろうかなーと思っています♪

 

それではまた(*^^*) 

 

過去のヤバいお相手シリーズもどうぞ^^

ヤバいお相手図鑑①

 ヤバいお相手図鑑②-1

ヤバいお相手図鑑②-2

ヤバいお相手図鑑③