知った人から生きやすい♡ニンゲンの本質研究日誌

現実に役立つ占星学と婚活から見えた真実を赤裸々に綴っています。

水星が逆行します~気を付けたいこと~

f:id:napichan:20181116122707p:plain

 

太陽系の10天体のうち、太陽と月以外の8天体は定期的に逆行があります。

西洋占星術では地球上にいる私たちはこの逆行の影響を受けていると考えています。

 

今日は私達の生活に密接に関わってくる水星の逆行についてお話します☆

 

 

 

 

逆行ってどういうこと?

 

逆行と言っても実際に軌道を逆戻りしているわけではありません。

太陽を中心に回っている地球と水星の軌道の長さが違う為、地球から水星を見た時に逆行しているかのように見える時期の事を言います。

 

水星逆行は3週間ほど続き、4か月に一度のペースで年に3回ほど起こります。

 

 

水星はどんな意味がある?

 

西洋占星術で水星は主に以下を司っています。

 

 

情報

伝達

コミュニケーション

通信

交通機関

旅行

 

f:id:napichan:20181116132422j:plain

 

どんな影響がある?

 

[逆行]=過去にスポットがあたる という捉え方になりますので私達が受けやすい影響をあげるとこのようなことになります。

 

●仕事やスケジュールの遅れ

●メールやブログなどでの誤字、誤送信

●電子機器の故障

●誤解や勘違い、早とちりが起こりやすい

●電車・バスなどの遅延や交通渋滞が起こりやすい

 

 

 

気を付けること

 

・早めの行動を心掛ける

・よく確認をする

・慎重な言動をする

・大事な話は直接会って伝えるようにする

・大事なデータはバックアップをしておく

 

f:id:napichan:20181116150209j:plain

 

いいこともある!

 

ここまでの話だと「え~なんかこわいなぁ」って思ってしまっているかもしれませんが、水星逆行中だからこそのいいこともあるんですよ♪

 

この時期にうまくいきやすいことはこれ!

 

●以前うまくいかなかったことに再チャレンジしてみる

●途中になっていたことを進めてみる

●過去に縁があった人と再会しやすい(疎遠になった人から連絡がきたり、偶然会ったり)

●計画の見直し、再検討

●以前学んだことの復習

●整理整頓、清掃(探していたものがみつかるかも)

 

 

 

受けた影響の実例

 

前回の水星逆行では、私の友人が企業に送った履歴書がまさかの行方不明になったということがありました。。

ちょうど社内がイベントでバタバタ混乱していたらしく、届いてはいたのですが担当者の手元にスムーズに届かなかったようです。

ちなみに時間はかかりましたがその子は無事に採用となりましたよ!

 

あとは目覚まし代わりに使っていた古いガラケーが知らぬ間に初期化されていて、目覚ましが鳴らなくて青ざめた朝がありましたねぇ(- -;)

 

また別の友人は元カレさんから連絡がきたと言っていました! 

 

 

まとめ

 

逆行する天体は他にもたくさんありますが、水星が一番日常生活に関係した分野を支配しているので、私達はその影響を最も感じやすいと言われています。

 

私の体感としてはものすごい影響受けたなぁっていう時と、あれ?今回そうでもなかったなっていう時があったので自分の出生のホロスコープにも関係しているのだと思いました。

 

どういうことかと言いますと、どのエリアで逆行したかで影響を受けやすい人が変わってくるということなんです。

今回は射手座エリアでの水星逆行になるので、太陽星座水星星座射手座の方は影響を受けやすくなる傾向があるようです。

 

※太陽星座はみなさんがよく知っている自分の星座のことです。

※水星星座の出し方・・・

無料ホロスコープ作成サイトでご自身の生年月日を入れてホロスコープを出してみて[天体の位置]の欄に書かれている、「水星」の横に書いてある星座が水星星座になります。

 

 

事前にわかっていれば気を付けることもできますし、もし思い通りにいかないことがあっても、まあこの時期だからしかたないよね~ってそんなに落ち込まないでいられるのではないでしょうか?

 

今回の逆行は2018/11/17~2018/12/7です!